KDDI Evolva

Evolva×Blog

電報サービス"でんぽっぽ"電報台紙の制作風景の紹介

2016/12/15 サービス
  • 今回は祝電・弔電の一押し商品の制作風景を一部ご紹介します。

    • 電報サービス
    • 電報サービス
  • プリザーブドフラワー 「ブランシェピンク」

    • 電報サービス

    祝電の中で一押しのプリザーブドフラワー「ブランシェピンク」のご紹介です。プリザーブドフラワーとは、生花のうちに色素を抜き、特殊な染料を吸わせることで、花びらの色鮮やかさや柔らかさを保つことができる加工花の一つです。長期にわたり美しさを保ちます。

    • 電報サービス
    • 電報サービス

    「ブランシェピンク」の制作風景です。
    プリザーブドフラワーを開花が一番美しい状態に加工し、ワイヤーで止めながらリボン等で見えないよう綺麗にデコレーションしているところです。

  • 高級感漂ううるし台紙 「偲ぶ菊」

    本漆の板に「菊」をモチーフにした蒔絵が、過去を懐かしむ気持ちと心を落ち着かせ、漆独特の美しい光沢と接着剤として強靱さが加わった高級感漂う台紙です。

    • 電報サービス

    蒔絵とは、金・銀などの金属粉や色粉を蒔きつけて付着させる、日本独自の漆工芸の一つです。この技法は、奈良時代から脈々と受け継がれ、現代では、現代風なデザインが施された万年筆等も販売されています。

    • 電報サービス

    蒔絵という言葉から、工程は下塗り→絵付け→色付けの後、筆で金粉や色粉を蒔いて散らし(蒔いて絵を描く)立体感や豪奢なイメージを出していきます。職人さんの技が光ります。

    制作者が丁寧に一つひとつ想いを込めて作り上げる台紙。その台紙に贈り主の想いが込められた文字を載せて更に彩られ相手に届く。電報は想いを形にできる、そして末永く大切にできる宝物だと思いました。

  • お電話からの電報のお申し込みは115へ
    KDDI回線以外の方は 0120-907-115 へ

    • 電報サービス
Evolva × Blog
2017年
2016年
2015年
カテゴリから選ぶ
サービス
採用情報
企業情報
お知らせ