導入事例
  • 金融・保険
SBI損害保険様

ビジュアルIVRで自動車保険のサポートデスクを一元化、スムーズ誘導を実現

自動車保険のサポートデスクに相談、問合せをしたお客さまがスマートフォンから最適な窓口を選択できるビジュアルIVR(VisualMenu)を導入。 自己解決と、音声ガイダンスの待ち時間短縮をした事例をご紹介します。

ビジュアルIVRで自動車保険のサポートデスクを一元化、スムーズ誘導を実現さま
POINT 01

オムニチャネル化による問合せメニューの「見える化」でお客さま利便性を向上

POINT 02

音声自動ガイダンスによる案内時間を大幅短縮

POINT 03

コールセンターのつながりやすい時間帯がわかる混雑状況確認画面を実装

お客さまプロフィール

ビジュアルIVRで自動車保険のサポートデスクを一元化、スムーズ誘導を実現様

SBI損害保険様

https://www.sbisonpo.co.jp/
SBI損保様は、「より多くのお客さまの生活に、より大きな安心をお届けするために」をミッションに、インターネットを最大限活用し、お客さまにわかりやすく、身近で、利便性の高い損害保険サービスの提供に取組み、先進的な「顧客中心主義」のサービスを追求していらっしゃいます。

SBI損害保険様 事例資料ダウンロード

資料ダウンロード

  • メディア掲載

メディア掲載 「狙いは“オムニチャネルの可視化” 手続き・見積もり・相談を最適誘導」SBI損保様

コールセンタージャパン
2019年6月号掲載

狙いは“オムニチャネルの可視化”
~手続き・見積もり・相談を最適誘導~