導入事例
  • 金融・保険
ジャパンネット銀行様

残高照会ができる正答率 84%のLINEでのチャットボットとビジュアルIVRでCS強化

お客さまと銀行が「つながる」コミュニケーション環境の構築で、1年強でLINE公式アカウントの友だちが6万人以上に成長した人気のチャットボット。利便性を追求し、カスタマーサポートの普遍課題を解決した事例をご紹介します。

残高照会ができる正答率 84%のLINEでのチャットボットとビジュアルIVRでCS強化さま
POINT 01

応答率改善とCX向上を目指し、LINEでの対話型チャットボットを開始

POINT 02

正答率84%を実現!対話エンジン、聞き直しシナリオと、AIチャットボットの育成

POINT 03

重視した「つながる・連携」でお客さまに普及、コミュニケーションツール拡張へ

お客さまプロフィール

残高照会ができる正答率 84%のLINEでのチャットボットとビジュアルIVRでCS強化様

ジャパンネット銀行様

https://www.japannetbank.co.jp/

CX統括部 CX企画グループ長 兼 CX推進グループ長川上 雅也 様

ジャパンネット銀行様は、日本初のインターネット専業銀行としていくつもの日本初、銀行初の取り組みを続け、20192月には400万口座に到達しました。国内を牽引するネット銀行として、高いセキュリティとさまざまな決済サービスを提供しています。スマートフォンアプリやLINEでのコミュニケーションなど、ネットならではの利便性と独自の強みを活かした取り組みを行っていらっしゃいます。

ジャパンネット銀行様 事例資料ダウンロード

お客さまの抱える課題

KDDIエボルバの実施内容

導入後の成果

コールセンタージャパン8月号 ジャパンネット銀行様「事例研究」ダウンロード

「VisualMenu」のご紹介

このサービスのお問合せはこちら

資料ダウンロード

  • 導入事例

「AIチャットボットサービス」
ジャパンネット銀行様

課題:人材確保、迅速性、難易度の見直しとさらなるCX向上

チャットボット導入で応答率を改善し、正答率84%まで向上
残高照会サービスなど「つながる・連携」機能を拡張しさらなるCX向上へ