導入事例
  • 官公庁・公共インフラ
アイピー・パワーシステムズ様

AI-OCR×RPA(※)を活用し
大量の帳票処理業務を効率化

毎月大量に発生する通電申込書の登録業務。 入力ミスや繁閑差による業務量変動の課題解消を目指し、自動化ソリューションを導入。

AI-OCR×RPA<sup>(※)</sup>を活用し
大量の帳票処理業務を効率化さま
POINT 01

AI-OCR×RPAを
活用した新たなフロー

POINT 02

帳票処理時間
64.5%削減

POINT 03

読取精度95%から
更なる向上へ

お客さまプロフィール

AI-OCR×RPA<sup>(※)</sup>を活用し
大量の帳票処理業務を効率化様

アイピー・パワーシステムズ様

https://www.ipps.co.jp/

カスタマーオペレーション部
部長 湯浅 賢一 氏(左)
チームリーダー 朝桐 俊平 氏(中央)
        永井 敦 氏(右)

アイピー・パワーシステムズ株式会社様は、震災大国である日本において非常時でも常に安全に電気を供給できる非常用電源装置のメンテナンスサービス、電力一括受電サービス、受変電設備工事を中心に、お客さまの安心、安全を作り上げていらっしゃいます。

アイピー・パワーシステムズ様 事例資料ダウンロード

お客さまの抱える課題

KDDIエボルバの実施内容

導入後の成果

「RPAサービス」のご紹介

資料ダウンロード

「AI-OCR×RPAサービス」アイピー・パワーシステムズ様  導入事例
  • 導入事例

「AI-OCR×RPAサービス」アイピー・パワーシステムズ様

課題:入力ミス防止、繁閑差による業務量変動、業務委託コスト適正化

AI-OCRとRPAを使った自動化のフロー導入により、帳票処理時間64.5%削減
読み取り精度95%からさらなる向上へ