KDDI Evolva

社長メッセージ

KDDIエボルバは、旧KDDの国際オペレーション開始から60年以上にわたり、コンタクトセンターを中心としたBPO(Business Process Outsourcing)事業を通じて、企業とお客さまのコミュニケーションをつないで参りました。

近年、業容拡大や競争激化、グローバル化、さらにはスマートフォンの普及により、企業のマーケティングニーズは時を経るごとにますます多様化しており、複雑な購買行動、いわゆるカスタマージャーニーとどのように向き合うかが重要な課題となってきています。

この様な課題解決に向け、KDDIエボルバでは、本年より国内最先端のオムニチャネルコンタクト基盤をいち早く構築しました。従来のコンタクトセンターサービスに加え、企業とお客さまのスマートフォンを中心とした次世代のリレーションシップを実現する「オムニチャネルソリューション」をご提供致します。

具体的には、お客さまからの電話による音声通話に対し、SMS(ショートメッセージサービス)やトークアプリを介した対話に誘導することができるだけでなく、どのチャネル経由でも、履歴を引き継ぐことで、お客さまには切れ目のない対応が可能となります。さらに、AI機能を組み合せることで、多くの対話が自動化され、効率の高いオペレーションも実現できます。ほかにも、お客さま1人ひとりにカスタマイズされる「パーソナライズド動画」なども有効な訴求チャネルです。
当社は、これらITソリューションを融合したBPOサービスにより、真にカスタマーエクスペリエンスを高められる総合的なオムニチャネルソリューションをご提供してまいります。

一方、少子高齢化が加速しており、さまざまな働き方への対応も、社会的に強く求められております。
このような中、2016年夏「エボルバで、あなたの夢かなえませんか」プロジェクトを発足し、第1弾として、働きながら音楽活動する社員を応援するプログラム「ハタラク×オンガク」を開始しました。また、2016年秋には託児所併設型のコンタクトセンター「ニア宅オフィス」を開設し、子育て中のママが働きやすい環境を構築、2017年1月設立の新会社「エボルバジョブシェア」では、短時間勤務を希望する方々のキャリアやスキルを最大限発揮いただける新たな事業を展開していきます。さらに本年夏には、障がいを持つ方々も働きやすい環境の農園も開設予定です。

KDDIエボルバは、『Workcreation!(ワークリエーション)-未来の「働く」をクリエイトする-』の企業ビジョンに基づいて、これからも多様なニーズに常にお応えし、未来の働き方を創造してまいります。

「Workcreation! ―未来の「働く」をクリエイトする― 」

今後のKDDIエボルバに、どうぞご期待ください。

代表取締役社長 中澤雅己
pagetop