用語集

インサイドセールス

インサイドセールスとは、カスタマー(顧客)への訪問を行わない、非対面型のセールスモデルである。主には電話やメールなどの非対面チャネルを用いて営業活動を行うが、近年はWeb会議ツールなどのデジタルコミュニケーションツールを活用した営業活動もインサイドセールスに含まれてきている。

フィールドセールスとハイブリッド型モデル

一方、顧客へ直接訪問する営業のことをフィールドセールスという。

近年はインサイドセールスとフィールドセールスを組合わせたハイブリッド型モデルを導入するケースも多く、初回受注まではフィールドセールスで行い、受注後のフォローからインサイドセールスを行うケースや、顧客開拓から見込顧客への顧客育成(ナーチャリング)までをインサイドセールスで行い、提案からクロージングをフィールドセールスが行うケースなどがある。

なお、ハイブリッド型においてはフィールドセールスとインサイドセールスの情報連携が重要であることから、SFA(営業支援システム)やCRMなどの顧客管理システムを利用し情報共有を図ることが望ましい。

インサイドセールスのメリット・デメリット

インサイドセールスの最大のメリットは、移動に時間を取られないことである。1日あたりの商談数を増やせるため、営業活動を効率的に行うことが可能である。

一方、対面と比べてコミュニケーションが希薄になりやすく、深い関係が築きにくい、というデメリットがある。コミュニケーションの頻度を上げ、情報共有をしっかりと行う必要がある点は注意したい。

関連用語