people

人を知る

KDDI案件の「最上流工程」で、
ここにしかない体験を

Y.Mさんは業務設計というポジションで、依頼元と開発側の調整役を担っています。KDDI案件における「最上流工程」のおもしろさや、成長の実感を話していただきました。

システム部 システム開発1G 業務設計 Y.M

システム部 システム開発1G
業務設計

Y.M

前職でエンジニア兼マネージャーとしてKDDIの内部統制導入プロジェクトを経験。その後、別の常駐先を経てKDDIエボルバに入社し、KDDIのシステム企画部における業務設計を担当。

※グループ名や取材内容は2021年当時のものです。

  • Y.Mさん 入社までの経緯

    安定感や事業規模だけでなく、
    新たな世界の広がりを感じた。

    前職では、エンジニアとしての現場業務とマネージャーとしての管理業務を並行していくポジションで、さまざまな経験を積むことができました。やりがいという意味では申し分なかったのですが、正直なところワーク・ライフ・バランスとしてはなかなか難しい部分もありました。IT業界に限らず、ある程度のキャリアを積むと珍しい状態でもないとは思いますが、漠然と次のフィールドを考えていくようになったんですね。そんな時に、今まで多くの仕事でお世話になっていた知り合いがKDDIエボルバを紹介してくれました。大手企業の安定した環境や事業規模の大きさといったメリットもさることながら、これまで中小企業で働いていた目線とは違う世界が広がっているという期待も大きかったです。それ以前にも仕事でKDDIとの関わりがあったため縁を感じていましたし、これまで自分が培ってきたスキルやチームビルディングのノウハウなどを発揮して、よりスケールの大きな仕事に携わりたいと思って入社を決めました。

  • Y.Mさん 仕事内容ややりがい

    依頼元と開発部門の橋渡しとして
    各所の調整を担う。

    現在はKDDIのシステム企画部における業務設計を担当しています。KDDI以外にもグループ会社の通信系サービスであるBIGLOBE、J:COM、UQ mobileなどから上がってくる「新しいサービスをつくりたい」といった要望に対し、どうやって形にしていくのかを考えて社内の開発部門に依頼するまでの情報を整えていく、いわば橋渡しのような仕事です。納期やコストはもちろん、「どのシステムで開発するか」「実装する機能はこれで良いか」「サービス内容は問題ないか」など、要求定義や問合せ対応まで検討事項は数多くあります。各所の調整で苦労することはありますが、依頼元の要望と開発部門の本音を汲み取ることが品質向上につながりますし、通信という人や社会にとって価値あるサービスの提供に携われることは大きなやりがいとなっています。

  • Y.Mさん 成長したと思えるところ

    「最上流工程」のポジションで、
    コミュニケーション力を高める。

    携わる業務自体がプロジェクトの最上流工程だったり、それぞれのサービスがKDDIにとって重要な事業にもつながっていたり、責任あるポジションとして視野が広がりました。前職の頃からチームビルディングやマネジメント経験があったので、その領域をこの仕事でも伸ばしている感覚もあります。また、依頼元からの要求を精査しながら開発部門に依頼するという業務の特性上、何事もわかりやすく伝えることが大切だと考えています。個人的には対面しながら会話でパッと伝える方が得意ではあったのですが、リモートワークが多くなってきた今、資料として残しながら正確に伝えることも重要ですからね。それぞれの年次やキャリアなどに関係なく「一緒に仕事をしやすい人」と思ってもらえるように、コミュニケーションの精度も上げられているように思います。

  • 1日の流れ

    • 出社
      (勤務開始)

    • 開発部門の
      MTG

    • 休憩

    • 要求定義書など
      資料作成

    • 他本部との
      MTG

    • 退社
      (勤務終了)

  • Y.Mさん メッセージ Y.Mさん メッセージ

    KDDIエボルバならではの
    最上流工程でさらなる成長を。

    KDDIエボルバでは、一般的なSIerのエンジニアとはまったく異なる領域での業務や経験ができると思います。たとえばKDDIは、まず依頼元に情報システム部門があり、その次に業務委託系の大手企業がいて、さらに開発パートナーが数社関わっているような開発体制になっています。一般的なSIerが関われるのは、業務委託や開発のところだけです。KDDIエボルバはKDDIの情報システム部門と一緒に業務を実施しているので、「最上流工程」の部分まで携わることができます。技術や経験が求められるので戸惑うこともあるかと思いますが、フォロー体制も整っているので、ぜひ挑戦してみてもらいたいです。そうすることで自身のポテンシャルが広がっていき、更なる成長を果たせると思います。

MOVIE

  • KDDIで働く当社エンジニア社員インタビュー
    【情報システム本部 × 上流SE編】

  • KDDIで働く当社エンジニア社員インタビュー
    【ソリューション推進本部 × 上流SE編】