仕事・人を知る 仕事・人を知る 職種・社員紹介

山形センター(やまがたワークプレイス)の職場環境

2014年の6月に完成した「やまがたワークプレイス」。
山形センター(やまがたワークプレイス)は都心では実現が難しい、余裕のある運用室に開放的な休憩スペース、そして温かみのあるカフェテリア。職場の環境がよいことが特徴です。管理者とオペレーターの距離が近く、職場の雰囲気が非常によいのも特徴です。
→コンタクトセンターの情報はこちらです。

金丸 英輝の仕事

現在の担当業務

山形センター運用2グループのグループリーダーとして、グループの運用全体をスムーズに機能させることが私の役割です。私たちの仕事はお客様の業務をいかに成功に導くかがテーマです。お客様が目標とされている顧客獲得率などを達成していくことがミッションなのです。目標を達成するために、お客様とコミュニケーターとの電話での会話をモニタリングして、品質の確認や検討を行っています。何か問題があればトークスクリプト(電話トークのマニュアル)を修正して、問題点を解決していきます。その他、電話をかけるエリアの地域性を考えたり、電話をかける相手の年代を考慮したトークをしたりすることで成果を上げていきます。また、情報や状況は日々変化していますので、常にトーク内容や言葉を見直して、その時々に合った新鮮な対応ができるように工夫しています。

やりがい・仕事スタイル

私たちにとってお取引いただいているお客様だけでなく、電話応対の相手であるエンドユーザーもお客様です。お客様が不快な気持ちにならないように、応対には細心の注意を払っています。なかにはクレームをいただく場合もありますが、クレームは怒りや文句ではなく、その人なりのご意見と受け止めて応対することで、次につなげるように心がけています。
電話応対を担当するコミュニケーターさんは、私たちの大切な仲間であり宝です。コミュニケーターさんたちが気持ちよく働けるように、職場環境を整備していくことも私の役目です。自分自身が経験してきたことを活かして、何かあればアドバイスをしたり、働きやすい環境づくりに取り組んだりしています。また、それぞれの人の強みを発揮させることも重要です。例えば、ご年配の方の対応が上手な方など、それぞれの強みを見抜いて品質向上に結びつけていきます。さまざまな工夫を重ねていくことで、お客様の目標を達成し、「KDDIエボルバさんに頼んでよかった」という言葉をいただいた時は、なんともいえない喜びです。

KDDIエボルバの社風エピソード

山形センターで気の合う仲間と、登山に出かけたりします。また、センター全体で春には「お花見」、秋には「芋煮会」などが催され、皆さんと交流する機会があって楽しんでいます。クリスマスにはセンター内のカフェでクリスマスメニューが出ます。来年は、山形センターとして花笠まつりに参加しよういう計画があり、時間があればみんなで集まって練習をしています。

エボルバの魅力

社員をとても大切に考えてくれているので、仕事がしやすいです。仕事を与えられるという感覚ではなく、自分が主体性を持って仕事ができますし、それをしっかりと見てくれる上司もいます。自分の意欲があれば、責任の大きなポジションを任せてもらえますので、やりがいも大きいです。

休日の過ごし方

現在、山形に単身赴任していますが、年に数回は家族サービスを兼ねて、家族でキャンプに出かけたりしています。山形では定期的に好きなテニスをしています。また、家庭菜園も趣味の一つです。育てる楽しみがありますし、食べる楽しみもあります。野菜は買う必要がありません。

皆さんへのメッセージ

就職活動は自分自身を見つめ直すとてもよい機会です。一生懸命取り組めば必ず結果は出ます。面接では「自分の伝えたいことを面接官の心に置いてくる」という気持ちで臨めば、想いが伝わると思います。就職活動の経験は、後々社会に出てからも活きてきます。限られた期間なので燃え尽きるまで、やり残すことのないように頑張ってください。

  • 前のページ
  • インデックス
  • 次のページ