仕事・人を知る 仕事・人を知る 職種・社員紹介

ITスペシャリスト職の仕事

KDDIグループの技術を支える当社のエンジニアが活躍する領域は実にさまざまです。その理由として、KDDIグループが提供するサービスは、通信とライフデザインの融合を進めており、国内の通信企業としては他に類を見ない事業領域の広さがあるからです。誰もが知っているモバイル事業。地上、地中、海中を世界規模で無数に張り巡るインフラ事業。法人顧客の課題を解決する、ITソリューション事業。そして電気、金融、保険、決済事業など、さらにフィールドは広がりをみせています。それらを、システム、モバイル、インフラ技術と広範囲にわたる技術領域でKDDIグループを支えております。

それがKDDIエボルバのITスペシャリスト職です。

岩﨑 達哉の仕事

現在の担当業務

いつでも、どこでも友人と連絡をとったり、インターネットで調べ物ができたりすることが当たり前の時代になっていますが、どのようにして実現されているかご存知でしょうか?

KDDIの基地局建設に必要なアクセス回線の新規アクセス検討、プロジェクトの推進、スキーム・フローの構築・整理などを行っています。
直近のプロジェクトでは、5G導入・商用展開に向けたネットワーク構成検討およびネットワークに関する様々な検討、IoTで用いるLPWAネットワーク検討、スキーム・フローの検証・整理等を行っています。
本プロジェクトを完遂してサービス開始されれば、日常生活の身のまわりに存在する様々なモノが通信ネットワークに繋がり、それらが相互に作用することで利便性が飛躍的に高まり、5GやLPWAが社会インフラの基盤として、様々なイノベーションを生み出していくと想像しています。
現在の部署では、基地局建設のアクセス回線に関わる全ての業務に携わることができるため、その5GやIoT等の最新技術に携わることができます。

やりがい・仕事スタイル

KDDI基地局建設におけるアクセス回線構築の本部機能業務を担っているなかで、5GやLPWA、IoT等の最新技術に携わり、エンジニアとして管理と技術両面で自身の経験とスキルの幅を広げることができ、とてもやりがいを感じています。
これから4Gから5Gの時代になり、基地局の通信技術が携帯電話だけでなく、IoTと密接に関係していき、通信で出来ることの幅が格段に広がり、自ら考えて業務にあたれば様々な新しいことにチャレンジができる環境にあります。
もちろん最新技術に携わるということは、新しい知識やスキルを身につける必要があり、変化のスピードが早く大変な部分もありますが、自分自身のスキルアップのために日頃から意識を高く保って業務に励んでいます。
また、自然災害時の緊急対応等、スピード感のある業務を任されるなかで、自分自身でネットワーク設計を行い、様々な関連部署と連携して、迅速に基地局のサービスエリアが復旧できたときは、とても達成感があり、やりがいを感じています。

学生時代に熱中したこと

学生時代は吹奏楽部で打楽器を担当していました。私が入部していた吹奏楽部は吹奏楽と別にマーチングも行っており、特にマーチングに力を入れていました。そうした環境や経験もあって、卒業後には海外のマーチングバンドに所属し、全米各地の大会に出場するなど貴重な体験もできました。そのときに培った度胸は社会人としても活かされています。

KDDIエボルバを選んだ理由

エンジニアとして大企業に属することで、大規模なシステム、ネットワーク等の構築・設計、最新技術の導入・検討等、これまでにやったことのない新しいことへ挑戦できる環境を求めて入社しました。現在では、実際に業務として5G等に携わることができ、日々充実しています。

休日の過ごし方

最近は温泉がマイブームです。泊りで行くこともありますが、近郊の日帰り浴によく行っています。家ではあまり長風呂はしませんが、景色が綺麗で場所が広い温泉は気持ちがよく、そこで疲れを癒しています。温泉で気持ちをリフレッシュして、新たな気持ちで仕事に臨んでいます。

皆さんへのメッセージ

就職活動においては積極的な姿勢を忘れないことが重要です。
就職活動は精神的に疲れるときもあるかと思います。しかし、人生のなかで時間をかけて就職活動ができるのは新卒の今しかありません。そんな時だからこそ、真剣に自分自身と向き合い、「自分は何がしたいのか」「何に興味があるのか」を考えることがとても大切だと思います。大変かとは思いますが、自分の志向に合った結果が得られるように頑張ってください。

  • 前のページ
  • インデックス
  • 次のページ