仕事・人を知る 仕事・人を知る 職種・社員紹介

ITスペシャリスト職の仕事

KDDIグループの技術を支えるKDDIエボルバのITエンジニア。当社のエンジニアが活躍する領域は実にさまざまです。その理由は、KDDIグループが提供するサービス、ソリューション領域は、国内の通信企業としては他に類を見ない広さを誇ることにあります。誰もが知っているモバイル事業ブランド。地上、地中、海中を世界規模で無数に張り巡る通信設備。法人顧客の課題を解決するコンサルティング、ITソリューションの提案。
多様な技術を身につける機会が多くあり、成長することができる。それがKDDIエボルバのITエンジニアです。

岩﨑 達哉の仕事

現在の担当業務

現在、KDDIの基地局建設に必要なアクセス回線の新規アクセス検討、プロジェクトの推進、スキーム・枠組みの構築・整理、回線選択方針決定などを行っています。現在進めている業務は、基地局建設に伴うアクセス回線のギガビット・イーサネット化(GbE化)の推進です。基地局建設には無線システムを担当する部署とアクセス回線を担当する部署があり、アクセス回線側のGbE化作業が完了していない基地局に対して、アクセス回線のGbE化を行います。計画策定の段階から担当し、さまざまな部署・拠点と計画の確認を何度も行い、実施対象局を選定して実行します。
実行していくなかで、物理的な要因などでGbE化を実施できない基地局が発生するなど、イレギュラーな事態が発生することもあります。そんな時は、対象を再精査してスピーディーに各拠点へ展開し、そこで停滞しないように対応しています。また、そういう事態が起こらないように、事前段階で慎重に実施対象局を選定するようにしています。

やりがい・仕事スタイル

KDDI基地局建設におけるアクセス回線構築の本部機能業務を担っているので、とてもやりがいを感じます。全国の回線構築計画を策定したり、全ての回線選択の指針になるスキームを決めたりする重要な業務ですので、責任感と緊張感を持って業務に取り組んでいます。中途半端な計画・構築を行うとその影響は全国に波及し、KDDI基地局建設の計画全体に影響を与えかねません。どんなに些細なことでも疑問点・問題点はすぐに周囲へ相談するなど、周囲との情報共有と即時解決を心がけています。
そうした仕事の進め方をしていくことで、周囲からの信頼を得ることができ、さらに難易度の高い業務を任せてもらえます。自分自身のスキルアップのためにも日頃から意識を高く保って業務に励んでいます。この仕事は、求められたことだけを実行するのではなく、自分で考えて先を読みながら行動することが求められます。今後はネットワークのコアとなる部分の知識とスキルも身につけて、その分野の業務も担当してみたいと思っています。

学生時代に熱中したこと

学生時代は吹奏楽部で打楽器を担当していました。私が入部していた吹奏楽部は吹奏楽と別にマーチングも行っており、特にマーチングに力を入れていました。そうした環境や経験もあって、卒業後には海外のマーチングバンドに所属し、全米各地の大会に出場するなど貴重な体験もできました。

KDDIエボルバを選んだ理由

私は前職で基地局建設の施工管理などを行っていました。施工管理をやっていくなかで、施工前の工程ではどんなことが行われているのか、興味を持つようになったのです。そこから自分自身のキャリアアップを考えたとき、業務範囲が広く、さまざまな経験ができるKDDIエボルバを見つけて、ここだ!と思い、入社しました。

休日の過ごし方

最近は温泉がマイブームです。泊りで行くこともありますが、近郊の日帰り浴によく行っています。家ではあまり長風呂はしませんが、景色が綺麗で場所が広い温泉は気持ちがよく、そこで疲れを癒しています。温泉で気持ちをリフレッシュして、新たな気持ちで仕事に臨んでいます。

皆さんへのメッセージ

就職活動は精神的に疲れるときもあるかと思います。しかし、人生のなかで時間をかけて就職活動ができるのは新卒の今しかありません。そんな時だからこそ、真剣に自分自身と向き合い、「自分は何がしたいのか」「何に興味があるのか」を考えることがとても大切だと思います。大変かとは思いますが、自分の志向に合った結果が得られるように頑張ってください。

  • 前のページ
  • インデックス
  • 次のページ