仕事・人を知る 仕事・人を知る 職種・社員紹介

ITスペシャリスト職の仕事

KDDIグループの技術を支えるKDDIエボルバのITエンジニア。当社のエンジニアが活躍する領域は実にさまざまです。その理由は、KDDIグループが提供するサービス、ソリューション領域は、国内の通信企業としては他に類を見ない広さを誇ることにあります。誰もが知っているモバイル事業ブランド。地上、地中、海中を世界規模で無数に張り巡る通信設備。法人顧客の課題を解決するコンサルティング、ITソリューションの提案。
多様な技術を身につける機会が多くあり、成長することができる。それがKDDIエボルバのITエンジニアです。

橋爪 美和の仕事

現在の担当業務

広域イーサネットの設計チームに所属しており、ネットワーク設計、ネットワーク設備の登録業務などを担当しています。また、チームのASV(アシスタントスーパーバイザー)として、チームメンバーの管理、調整業務も行っています。
エンジニア個人としては、法人向け広域イーサネットの設計や故障が多発している装置を新しい装置に切り替える調整の実施や設計システムへの装置登録などを担当しています。装置登録は担当者に任せたままの状態で、属人化していました。しかし、登録漏れや誤設計が後工程での誤作業につながってしまうことからセルフチェックの登録は危険と判断し、着任後1年かけて手順書やチェックリストを整備、担当間でのダブルチェック体制などを構築して、ミスなく登録できる仕組みをつくりました。私たちの仕事は、お客様の設備などに不具合が生じないように細心の注意が必要ですし、万が一何か問題が発生した場合は、チーム一丸となって解決を目指す団結力が大切です。

やりがい・仕事スタイル

設計を担当していた設備を無事に引き渡したときにはホッとすると同時に、私たちが構築した設備でお客様の業務効率が改善されるという誇りとやりがいを感じます。一方で、お客様の設備に問題が発生した際の緊急対応は、いくつものシステムが連動していますので、いろいろな部署と情報を共有する必要があり緊張の連続です。
この仕事は技術的な知識はもちろん、コミュニケーション能力が求められます。ユーザや他部門から必要な情報を聞き出せなかったことで、技術的問題が発生して作業が中断してしまうことも多々あります。とにかくお客様の立場に立って、少しでも早く問題を解決するには、何が必要かを考えるようにしています。そのために、自分が担当した設計部分を確認しつつ、チームメンバーの気持ちを盛り上げるために、普段から積極的に声をかけ、職場が明るくなるように心がけています。今後は、チーム全体の安定運用のために、チームメンバーの育成にも注力して、各個人のスキルのばらつきを平均化していきたいと考えています。

学生時代に熱中したこと

大学入学から卒業までずっと塾講師のバイトをしていました。自分が教えた子の高校受験から卒業まで見届けたときは感慨もひとしおでした。小学生から高校生まで、幅広い年代の生徒を教えましたが、小学生とのコミュニケーションのとり方や、高校生とのコミュニケーションのとり方など勉強になることが多く、逆に自分自身が成長させられていました。

KDDIエボルバを選んだ理由

ネットワークエンジニアが不足している時期だったので、世の中から必要とされる仕事だと思いました。いくつかの会社を検討するなかで、KDDIエボルバはKDDIグループという安心感と、業務の幅広さに魅力を感じました。また技術者としてKDDI本体の業務に「継続的に」関わることができ、「通信事業に携わっている」というプライドを持って、働くことができると考えて入社を決めました。

休日の過ごし方

休日は家事全般をしています。平日は夜遅いときもあり、あまり時間をとれないので掃除・洗濯などは休みの日にまとめて片づけています。料理が好きなので、気が向いたらピクルスや煮込み料理を作ったりして楽しんでいます。それ以外は昼寝をしたり、読書をしたりして心を養っています。完全にインドア派ですね。

皆さんへのメッセージ

就職試験で落とされたりすると、気分的にも落ち込むかと思います。でも、就職活動は自分自身を知る絶好の機会です。長所と短所は表裏一体です。自分の短所すらも、長所として言い換えてしまえるような前向きさで、楽しく乗り切ってください。

  • 前のページ
  • インデックス
  • 次のページ