KDDI Evolva

ニュース

【メディア掲載】朝日新聞1月26日にKDDIエボルバの地方創生、障害者雇用の取組みが掲載されました

2019年2月 1日

朝日新聞社発刊の「朝日新聞(第2宮城)1月26日号」の「みちのくワイド」に、地方創生、障害者雇用の取組み企業としてKDDIエボルバが取り上げられました。

紙面では、障害者雇用促進法や東北6県の障がい者雇用率、課題とともに、KDDIエボルバの障がい者雇用と東日本大震災の震災跡地での地方創生の取組み、宮城県東松島市の「幸 満つる 郷 KDDIエボルバ 野蒜」※1の職場環境が紹介されています。

news_contents_nobiru20190201.png2019年1月26日(土) 朝日新聞(第2宮城)32面
※掲載紙面は許可を取得し転載しています(番号:19-0397)。
※掲載紙面は朝日新聞社に無断で転載、複写、その他営業目的で利用することが禁止されています。



▼朝日新聞デジタルで読む
http://www.asahi.com/area/fukushima/articles/MTW20190128070430001.html
2019年1月26日 みちのくワイド 「障害者の採用 競争激化/雇用率 6県とも17年最高/職場の理解で貴重な戦力」

今後も、KDDIエボルバは、東松島市、一般社団法人東松島みらいとし機構「HOPE」、地元農業関係者の方々との連携を強化してまいります。また、地域の皆様との触れ合いも大切にし、被災元地である野蒜地区のさらなる復興と雇用機会の創出を通して東松島を中心とした地方創生にも寄与できるよう、活動を力強く推進してまいります。


◎関連ニュース
2018年11月30日 東松島市とKDDIグループ、地域活性化を目的とした連携に関する協定を締結
2018年5月24日 宮城県知事が来訪、「幸 満つる 郷 KDDIエボルバ 野蒜」

◎注釈
※1. 「幸 満つる 郷 (さち みつる さと) KDDIエボルバ 野蒜」は、被災元地の有効活用と雇用機会の創出を通して東松島を中心とした地方創生への寄与を目的に、地元の障がい者の方々やアクティブシニアの方々を積極的に雇用し、ベビーリーフや枝豆などの農産物栽培や、ブルーベリーなどの観光果樹園の運営を行う施設です。
■関連サイト: https://www.k-evolva.com/recruit/challenged/nobiru/


◎商標
・本ニュース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。


重要なお知らせ
2018/8/1にオムニチャネルソリューションのシリーズ名称「for touching」をリリースし、一部のサービス名称をリニューアルしました。(詳細はこちらから)

お問合せ先

リリースに関するお問い合わせ
担当:KDDIエボルバ 広報窓口
TEL:03-5326-6462(平日 9:00~17:30)
E-Mail:adv@k-evolva.com
pagetop