キャリア形成とサポート体制

キャリア形成と
サポート体制

挑戦の数だけ成長できる環境で、
多彩なキャリア形成を。

エンジニアのキャリア形成において重要なのは、技術力を発揮できるフィールドです。当社の業務領域は、大手通信キャリアをはじめとする法人の大規模ネットワークやサーバの構築・運用・保守、基幹システムやアプリケーションの企画・開発・運用・保守、さらにはITソリューションの提案やコンサルティングなど多種多彩。一人ひとりが技術力を発揮し、成長のために挑戦できる環境を整えています。

キャリアマップ

入社時のご経験を踏まえて最初の業務をアサインします。その後も、経験を重ねてキャリアアップできる業務や役割をご用意しています。

  • インフラ
  • セキュリティ
  • システム
  • プロジェクトマネジメント
  • インフラ
  • セキュリティ
  • システム
  • プロジェクトマネジメント

業務難易度の指標として「テクニカルグレード」を設定しています。
上記のキャリアマップは、専門分野やテクニカルグレードごとに代表的な業務や役割を示しています。

キャリアパス

経験を積み、スキルを身につけることで、さらにやりがいのある業務にチャレンジすることができます。
当社でのキャリアパスの例をご紹介します。

  • インフラ(設計・構築)
  • インフラ(運用)
  • セキュリティ
  • システム開発
  • アジャイル開発
  • インフラ(設計・構築)
  • インフラ(運用)
  • セキュリティ
  • システム開発
  • アジャイル開発

研修プログラム

体験型研修の「Live」、Web上で学習できる「e-learning」、Liveとe-learningを組み合わせて計画的なキャリアアップを支援する「Boot Camp」で持続的成長をバックアップしています。

研修プログラム
  • Live

    Live

    熟練したITエンジニア講師による実機環境を用いたハンズオン式研修

  • e-learning

    e-learning

    Web上で受講できるe-Learning式研修

  • BootCamp

    BootCamp

    計画的なキャリアアップを実現するための受講者選抜研修

充実の研修内容

基礎的な用語や仕組みを学べるコースから、資格取得対策を含む専門コースまで、
さまざまな研修カリキュラムが充実しています。

  • インフラ

    • ITリテラシー演習
    • ネットワーク実機演習
    • CCNA資格対策講座
    • CCNP資格対策講座
    • サーバ仮想演習(Linux / Windows)
    • AWS認定クラウドプラクティショナー資格対策講座
    • AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト資格対策講座
  • システム

    • システム開発基礎研修
    • システム要件定義書作成演習
    • データベース研修(Access / PostgreSQL / MySQL)
    • 開発言語研修(Java / JavaScript / HTML / CSS)
    • Scrum Inc. 認定資格研修
  • ビジネス・
    ヒューマンスキル

    • ロジカルシンキング研修
    • コミュニケーション研修
    • リーダシップ研修
    • ITILファンデーション資格対策講座
    • 業務自動化研修(Excelマクロ/ VBA / RPA / Ansible)

第一線で活躍するエンジニアの
経験を活かし、
次世代の人財育成と
持続的成長を促す。

「エボルバカレッジ」と呼ばれる当社の研修プログラムは、経験豊富な先輩エンジニアが次世代のエンジニアを育成し、ナレッジの共有とスキルアップを図るための場として、自発的に始めた研修がきっかけとなってスタートしました。現在は専門の教育チームがカリキュラムの企画と運営を担当。第一線で活躍する現場エンジニアとともに、エンジニアの持続的成長をバックアップしています。

エボルバカレッジ

キャリア形成

  • 資格取得支援

    資格取得支援

    当社では、エンジニアの自己研鑽を後押しするために、IT関連資格の取得を推奨しており、各種研修・講習会・e-Learningなど、学ぶ機会の提供や受験料の補助を行っています。資格の取得は評価や昇格にもつながります。

  • 目標管理制度

    目標管理制度

    半期に一度の評価面談の中で、期初に立てた目標に対する達成度の確認やフィードバックを行います。仕事の成果だけではなくスキルアップもしっかりと評価。将来のキャリアパスや目標の実現方法を上司と話し合い、一緒に考えていきます。

関連コンテンツ